Match Story

空き家を活用することで
地域に馴染みやすかった

長壁ご夫妻のマッチストーリー

みなかみ町の空き家バンクを利用した

長壁さんご夫妻

長壁さんご夫妻
「空き家バンク」を役場に紹介してもらい、この物件に出会いました。建物の状態、サイズ、周辺環境、そして予算も、理想に近かったので、物件を見せてもらったあとすぐに購入を決めました。
内装は「リフォーム」して、住みやすく
僕たちは空き家を活用して、生活だけでなく事業をはじめたので、いつも地域の方々が気にかけて応援してくれています。そして僕たちも地域の一員として、期待に応えられるよう日々楽しみながら取り組んでいます。
また現在も前の家の持ち主さんともご縁が続いているので、身寄りがないところに来たけれど、親戚ができたみたいな安心感があります。「空き家バンク」の利用から、人の繋がりができるところがありがたいです。
みなかみ町の空き家バンクを利用した

原沢さんご家族

長壁さんご夫妻
数年前、親戚が亡くなって空いた家を相続しました。既に住んでいる家があるため、空き家の活用方法を検討しているときに、「空き家バンク」の存在を知りました。みなかみ町でチャレンジしたい人に活用してもらいたいと思い、空き家バンクに登録するとすぐに町外から移住を検討している若い夫婦が、この物件を生活と事業の場として利用してくれることなりました。今ではこの家を通して地域を盛り上げてくれる夫婦と、家族同士のような、信頼できるつながりへと発展したことは良かったと思っています。