空き家バンクとは

「空き家バンク」とは、空き家の賃貸・売却を希望する所有者から提供された情報を集約し、空き家を利用・活用したい方に紹介する町の制度です。空き家の有効活用を通して「地域内外の住民交流の拡大」および「定住促進による地域の活性化」を推進することを目的とし、全国各地の自治体が取り組みを進めています。
現在みなかみ町では、移住を検討する方が増えていますが、借りたり買ったりできる物件は多くありません。一方で人が入っていない空き家も多く存在しています。家は人が管理しないと、どんどん朽ちて、倒壊など多くの危険があります。(※空き地も管理しなければどんどん荒れて、獣害被害の原因にもなります。)必要とする人に「貸す」「売る」ことで、家と土地はより良い状態で保たれ、皆さんの住む地域も人が活動する元気な地域になります。空き家の利活用で、町を元気にしていきましょう。

空き家を売りたい・貸したい方

みなかみ町内の空き家を売りたい方、貸したい方は、空き家バンクに物件登録をすることができます。登録された空き家の情報は、所有者の方の了承を得た上で、ホームページ等で公開します。詳しくはお問い合わせください。
物件を登録するには下記の条件を満たす必要があります。

物件登録手続きの流れ

1.申請書の提出
「みなかみ町空き家バンク登録申請書」に必要事項をご記入の上、ご提出ください。 登録申請書に記載されたみなかみ町空き家バンク制度設置要綱等を事前によくお読みいただくようお願いします。 また、登録申請書内にも間取り図等の添付していただく書類があります。事前に一度ご相談ください。 申請書は以下よりダウンロードすることができます。
2.物件登録の可否の審査
申請内容の審査に入ります。みなかみ町に登録している宅地建物取引業者が物件調査(設備内容の確認や見積価格の査定など、物件概要のとりまとめ)を行います。調査の際は、情報提供にご協力をお願いします。
3.物件登録の可否の決定
申請書の審査及び物件調査の結果に基づいて物件登録の可否を決定し、物件登録申請者に通知します。 調査結果によっては、登録内容が申請内容通りとならない場合や、登録を承認できない場合があります。
4.物件情報の公開
このホームページで物件情報を公開します。